皆様、前回の投稿はご覧いただけましたでしょうか?今回は、前回お伝えしきれなかった残りの5つについてお伝えしていこうと思います。

酵素ファスティングを成功へと導く10のこと

6.アルコールは控える

飲酒後はアルコールから生産される毒性のアセドアルデヒドを分解するために大量の酵素が消費されます。

ファスティング中は酵素を温存し、免疫力を高めるため、アルコールの摂取は控えましょう。

7.空腹感を解消する

ダイエット中、空腹がつらいことがあるかと思います。

ファスティング中、空腹でつらいときは、ひとまず水を飲んで空腹感を和らげてみてください。それでも空腹感に耐えられないときは、すりおろした野菜や果物を少量摂っていただいても構いません。

8.芯から温める

就寝時は「吸収と代謝の時間」です。

就寝中の体温が少しでも高くなると免疫力や代謝のアップにつながるため、夜は毎日の入浴や半身浴、足湯などで芯から体を温めておき、就寝中の発汗(排出)を促しましょう。

9.良質な睡眠をとる

睡眠中は新陳代謝が活発になり、代謝酵素が働きます。また翌日分の体内酵素を生産する時間でもあります。

毎日の睡眠時間として20時~4時までの「吸収と代謝の時間」を含む7~8時間を確保するのが理想的となっています。

10.さらに結果を追求する

キッチンに常備する油や甘味料をファスティング中も使えるOKフードに切り替えたり、さらに結果を追求するためのサプリメントを常備するなど、食品選びにもこだわることが大切です。

 

以上が酵素ファスティングを成功へと導く10のことになります。

いかがでしたでしょうか?

ファスティングにつきまして、ご不明点や気になる点などございましたらいつでも当店スタッフまでお尋ねください。